mom二つ目

自分のを作った勢いで母の分も作成

2011071803
同じくPattenはWHISTLE@さんのmomです。
母は頭が小さいのでSサイズです。(それでも微妙に大きかった・・・)
表布はRickRackさんのグランジウォッシュリネンの胡桃。私の霞色よりもちょっと濃い目のお色。
同じように表ブリムにだけ薄手の接着芯を貼り、つばの部分にクラフトコードを。

2011071804
内布はどこで購入したのか忘れちゃいましたが、綿の紫の小花柄です。
小物に使おうと購入していたものの、なかなか使えなくて死蔵していたもの。

私と色違いなだけで、作りはまったく同じなので、一つ目よりもさらに
あっさりと完成でした。

8月の旅行にお揃いでかぶっていく予定・・・。

Patten:WHISTLE@ mom
表布:グランジウォッシュリネン 胡桃(RickRack
内布:綿

mom一つ目

久しぶりに帽子を作りました。

2011071801
PattenはWHISTLE@さんのmom、死蔵していたパターンです(^^;)
夏用につば広の帽子が欲しいなぁとかなり前に購入していたもの。
表布はRickRackさんのグランジウォッシュリネンの霞色。
こちらも帽子を作るつもりで購入したものの、死蔵していた生地。
リネンなのでさらりとしていて、夏の帽子にはぴったりかと。
mom自体も作り方は特に難しいところもなく、わりとあっさり完成。
生地がちょっとくったりした感じだったので、
表ブリムにだけ薄手の接着芯を貼ってます。
それとつばの部分にクラフトコードを入れてます。

2011071802
内布はRickRackさんのUSAコットンです。

今回はMサイズでつくったのですが、髪の毛を縛っていてもゆったり目でかぶれます。
つばも広いから、今の日差しの強い季節にはぴったり。

Patten:WHISTLE@ mom
表布:グランジウォッシュリネン 霞色(RickRack
内布:USAコットン(RickRack

ペットボトルケース

7月&8月の目標として挙げていて、8月の旅行までに作りたかった、
ペットボトルケースを作りました。

2011071701
PatternはBroloさん。「ペットボトルホルダーキット」に入っていたPatternで。
私の分は前回のキットでつくっていたので、今回は両親の分を。
生地は一つはちょっと厚手の綿のホヌ柄とオックス生地?とベージュのギンガムチェックで。
もう一つは綿の花柄にRickRackさんの麻デニムの黒にリネンで。
前回、???となった表側と内側をつなげるところは大丈夫だったけど、
やっぱり底を縫う時にタック入りになっちゃった。

2011071702
内側は保冷・保温シートです。

ななめがけする紐は昔作った紐を流用する予定・・・。
なんとか8月の旅行までに間に合ってよかったわ。

Pattern:Brolo ペットボトルホルダー
表布:左側 綿(マルナン、トマト) 
      オックス(ユザワヤ)
   右側 綿(マルナン)
      麻デニム 黒(RickRack
      リネン(ユザワヤ)
内布:保冷・保温シート

シュシュ3つ

裁断していたものを黙々と・・・。

2011071007
シュシュを3つほど。
「のんびり政助屋やってます♪」さん(すでにブログは終了されてます)の
お花のようなシュシュの幅アレンジ版と、と普通のノーマルなタイプ。
生地はRickRackさんのプチフールシリーズのジュエルと
プチフールシリーズのクラッシックローズのグレー。
ギャザースモックギャザーキャミを作った残りです。

シュシュ、結構作ってるからたくさんあるんだけどね。
そろそろゴムが伸びて怪しいのもあるので古いのは処分しようかなぁと。
お花のようなシュシュは、1つ作ったらやっぱりひらひらで可愛いので。

やはりシュシュは手軽にハギレでできて楽しいです。
なんだかんだいってもハギレ処理にもってこいだし、やっぱり作りためておこう。

※お花のようなシュシュ
Pattern:のんびり政助屋やってます♪さん お花のようなシュシュ
生地:プチフールシリーズ クラッシックローズ グレー(RickRack

※ノーマル
Pattern:ネットで探した
生地:プチフールシリーズ クラッシックローズ グレー(RickRack
   プチフールシリーズ ジュエル(RickRack

カッティングマット入れ

こんなものを作ったものとしてアップしていいのか、ちょっと微妙ですが(^^;)

2011071004
これは何かといいますと、カッティングマットと定規を入れる袋。
ロータリーカッターを使っているので、カッティングマットは必需品。
ソーイングを本格的に始めたときに、ちょっと高いかなぁと思ったけど、
60cm×50cmぐらいの大きめのを購入したのですが、これは買ってよかったと、
つくづく感じている一品。
今まで、購入した時に入っていたビニール袋を使っていたのですが、
一緒に50cm定規を入れていたら穴があいてきちゃって。
使い道に困っている生地もあるし、ということで作成。
生地は、綿麻クロスです。ソーイング始めたところに、何を思ったのか、
4mも購入していた生地で。これ作ってもまだあまってます(^^;)

2011071005
一緒に定規もしまえるように、定規用のポケットも。
実は最初裁断した時に、縦の長さが短くて、急遽、生地を継ぎ足してます。
なので、口の部分がストライプでなくボーダーに(汗)

実は持ち手をひねってつけてしまったが、持ち歩くわけでもないしと、
めんどくさくなっちゃってそのままです(^^;)
ミシンを置いているテーブルにフックをつけて、持ち手を引っ掛けて
テーブルにつるして収納しようと思ってます。

Pattern:自作
生地:綿麻クロス(ユザワヤ)

カトラリーケース・・・ではなくて

裁断して放置していたものを。

2011071001
カトラリーケース・・・ではなくて灰匙入れです。
お茶で風炉の灰形を作るときに使う道具です。
購入したものの、入れ物がなく。
ポーチにどさっと入れるでもよかったんだけど、
ガチャガチャ音がするし、傷がつきそうだったので、
カトラリーケースを参考に作ってみました。
表布は綿クロスかな?
ちょっと薄手の生地ですが、なかなかお気に入りの生地。
留めは、紐にするかどうしようかまよって、留め布(?)をつけて
スナップ留めにしました。

2011071002
内布はRickRackさんのRRギンガムのトマトで。
入れる灰匙に合わせてポケットの仕切りをいれて、うち2つはマチもつけてます。
上部を折り曲げてくるくる巻くタイプです。

2011071003
灰匙は4本。これに最初に整えるための筆も入れる予定で、ポケットは5つ。

灰匙を購入したのは5月。
それから気になりながらもなかなか作れなくて。
大きさも作りながら大雑把にきめて作ったので、生地の裁断誤りもあったりと、
完成までにずいぶん時間がかかっちゃいました。

やっと作れて、ちょっと肩の荷がおりました(笑)

Pattern:自作
表布:綿クロス(マルナン)
内布:RRギンガム トマト(RickRack

【減らし隊】5月&6月の成果と7月&8月の目標

なんだか最近まったく作っていませんが(^^;)、
減らし隊、5月&6月の成果と、7月&8月の目標です。

1.5月&6月の目標
 ・ギャザーキャミソール
 ・Bankpouch
 ・バッグ
 ・頼まれ物リュック
 ・頼まれ物リュックの試作品
 ・小物をいくつか

2.5月&6月の成果
 ★Bankpouch
 ・バッグハンガー
 ・ギャザーキャミソール
 ・トートバッグ
 ★cube tote(大)
 ★巾着型リュック・その1
 ・巾着型リュック・その2
 ・トートバッグ二つ目

 ★は死蔵パターンを使用
 予定通り、ギャザーキャミ、Bankpouch、頼まれ物のリュックはなんとか完成。
 死蔵していたcube totoも大だけだけど、作れたのはよかったかな。
 中途半端にあまっていたバッグハンガーは消費できたが、収納用のがま口が
 口金がなく惜しいところで半端状態(^^;)
 少なめ目標にしてみたら、やっぱり少なめにしか完成しなかったという
 とってもいい見本になってしまった・・・。

3.7月&8月の目標
 ・カトラリーケース(用途は違うけど)
 ・バッグ(こんどこそなんとか完成まで・・・)
 ・ペットボトルケース(8月初めの旅行までになんとか)
 ・自分服を2枚

 カトラリーケース、別の用途で使うつもりで裁断だけしてあるのですが、
 放置されております(^^;)
 そのほかにも裁断だけしてあって縫い待ち、とかバッグの表だけ裁断、とか
 放置されている子が多数。まずは放置しちゃっている子たちを。
 自分服2枚のうち1枚は死蔵パターンを使いたいなぁと。

5月と6月、並べてみると作っているように見えて、実質ミシンを動かした
日数は数日という、超集中作成モードでございました。
なので、自分的にはあんまり作っていない気分です。

実は、地震の影響で、お茶のお稽古の日が木曜日から土曜日に。
それでちょっとリズムが変わっちゃったことと、地震前から6月は割と土曜に
予定が入っていて、しかもそれ以外にも予定が入ってきたり。
土曜日お出かけ→日曜力尽きて何もせず、が続きなかなか縫いモードにならず。
でも、ようやくリズムがつかめてきたので、これからエンジンをかけたいなぁと
思っております。
しかし、これからの季節、布と戯れるには暑いのよね(^^;)

神尾真由子 ヴァイオリン・リサイタル

今日は神尾真由子さんのヴァイオリン・リサイタルに行ってきました。
神尾さんは2年ぐらい前かな、チャイコのVn協奏曲を聴いて以来です。

曲目は
 パガニーニ:ヴァイオリン・ソナタ 第12番 ホ短調 Op.3
 イザイ:悲劇的な詩 Op.12
 タルティーニ:ヴァイオリン・ソナタ ト短調「悪魔のトリル」
 パガニーニ:24のカプリース Op.1より
       第1番、第2番、第4番、第6番、第9番、第11番、第13番、
       第14番、第15番、第16番、第17番、第20番、第21番、第24番

アンコールは、24のカプリースの第10番でした。

以前聴いたときには力強い、というイメージしかなかったのだけど、
今回は力強さのなかにもふくよかな雰囲気もあって、いい演奏でした。
特に後半のパガニーニは、多少音がはずれたりかすれたりもあったけど、
それが気にならなくなるくらい。
以前聴いたときもいいなぁ、と思ったけど、ますます好きなヴァイオリニストになりそう。
これから歳を重ねるごとに、どんな演奏に変わっていくのか、
楽しみなヴァイオリニストでもあります。

舞台「グレンギャリー・グレン・ロス」

すっかり書くのを忘れてましたが、じつは観にいっておりました。
ちょいと前の話ですが、自分の観劇記録としてアップ。

こちらのお芝居、もともとは劇作家デヴィッド・マメットの戯曲で、
アメリカでは「摩天楼を夢見て」という題で映画化もされてます。
お芝居のあらすじはこちらを参考に。

休憩なしで、前半は中華料理店で後半は不動産屋の事務所が舞台。
前半の中華料理店の場面で状況説明、後半の事務所でお話が展開、
という感じかしら?
とにかく台詞の多い、台詞が機関銃のような展開の早いお話でした。

主役の石丸さん、ここしばらくイメチェンというか、今までにない
役柄とかに挑戦しているみたいだけど、この舞台もそんな感じで、
今までのイメージとは違った役柄でした。
そしてなぜかサックス演奏付き。
しかし、あのサックス演奏はなんだったのだろうか。
あんまりストーリーには関係なかったような???ファンサービスか(爆)

舞台というとミュージカルを観ることが多いんだけど、
たまにはこういうお芝居もいいなぁなんて思います。

ストラディヴァリウス・サミットコンサート2011

以前も行ったことのある、ストラディヴァリウスのコンサートに
こしちゃんとともに行ってまいりました。

曲目は
 モーツァルト:ディヴェルティメント
 バーバー:弦楽のためのアダージョ
 ドヴォルジャーク:弦楽セレナード
 シューベルト:5つのメヌエットと6つのトリオ
 チャイコフスキー:弦楽セレナード
でした。

コントラバス以外すべてストラというのも聴きに行くポイントだったのですが、
今回は、ドヴォルジャークとチャイコフスキーの弦セレと、
プログラム的にもツボでした。

音はやっぱりヴィオラとチェロの音がいいわぁ。
前回行ったときもチャイコの弦セレがプログラムにあったのですが、
ヴィオラとチェロのせいか、全体的にとっても厚みのある、いい演奏でした。

アンコールは
 バッハ:G線上のアリア
 グリーグ:組曲「ホルベアの時代」より第1楽章

組曲「ホルベアの時代」の第1楽章はアンコールでよく演奏されるので
耳馴染みがあるんだけど、これ、全曲聴いたことがないなぁ。
たぶん、他の楽章も聴いたことがあるような気もするんだけど。

家でCDでのんびり聴くのもいいけど、やっぱり生演奏はいいなぁ。
今月は、月末にあと一つコンサートの予定あり♪
そちらも楽しみです。
calendar
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
recommend
ガーゼで作る心地よい服

ガーゼで作る心地よい服 | 櫻井 悦子

中をみてよさそうだったので思わず(^^;)

浜内千波の時短!簡単!圧力鍋レシピ (扶桑社ムック)

浜内千波の時短!簡単!圧力鍋レシピ (扶桑社ムック) | 浜内 千波

レパートリーを広げるべく購入・・・

かわいいタジン鍋 野菜たっぷりヘルシーレシピ78 (三才ムック VOL. 301)

かわいいタジン鍋 野菜たっぷりヘルシーレシピ78 (三才ムック VOL. 301) | Yukiyo

もう一冊買ってみた

美味しい!タジン鍋レシピ―野菜もお肉もお魚もスイーツも!  かんたんすぎて、毎日リピートたくなる みんなが (COSMIC MOOK)

美味しい!タジン鍋レシピ―野菜もお肉もお魚もスイーツも! かんたんすぎて、毎日リピートたくなる みんなが (COSMIC MOOK) | 森田 佐和子

タジン鍋が我が家にやってきたので・・・

R.コルサコフ:シェエラザード、ボロディン:交響曲第2番

R.コルサコフ:シェエラザード、ボロディン:交響曲第2番 | コンドラシン(キリル)

せっかくなのでRCOで一枚買ってみました。

くらべて覚える風炉の茶道具 炉の茶道具

くらべて覚える風炉の茶道具 炉の茶道具 | 淡交社編集局

写真で見くらべることができて便利

Serene Bach オフィシャルガイド~カスタマイズ自在のウェブログツール

Serene Bach オフィシャルガイド~カスタマイズ自在のウェブログツール | 大谷 拓也 他

Serene Bachがよくわかる1冊

selected entries
categories
archives
recent comments
recent trackbacks
profile
others