京都旅行・1日目

すこし紅葉には早い時期でしたが、こしちゃんと京都へ2泊3日で行ってきました。
京都へは何度も行っているので、今回は行ったところがないところをメインで回る旅に。

7時出発の新幹線に乗り、9時には京都へ到着。
お宿が京都駅前だったので、ホテルへ荷物を預け、早速出発。

まず最初は、上鴨神社へ。
実はなぜか上鴨神社へは行ったことがなく、今回始めて。
細殿が屋根の吹き替え工事中で、足場で覆われていたのが残念。

でも、有名な立砂は見れました♪
2010110601

本殿もなかなか立派な神社です。
2010110602
七五三の季節で、ちょうど土曜日だったせいか、お参りのおこちゃまがいっぱいでした。

お次は下鴨神社へ移動。
下鴨神社に着いたところで、朝が早く、お昼御飯がちょっと遅くなりそうなので。
2010110603
1本目は食べかけですが(^^;)
賀茂みたらし茶屋の亀屋粟義さんでみたらし団子を。
このみたらし団子、下鴨神社にある御手洗池の霊水の泡をかたどったものだそうです。
このお団子がとてもおいしかった!

おなかも満足したところで下鴨神社へ。
2010110604

この神社の楼門そばに、縁結びの神さま相生神社があって、その神社のそばに
「連理の賢木」という2本の木が途中から1本に結ばれているご神木があります。
2010110605
不思議なことにこの木が枯れると、下鴨神社境内の糺の森に同じように結ばれた
木が見つかるそうです。現在のご神木も4代目だそう。
このご神木、「京の七不思議」の一つだそうです。

そしてその糺の森。
2010110606
うっそうとした木々で覆われていますが、なんとなくすがすがしいような。

ここから清水寺方面へ移動。
途中でお昼ごはんを。

お昼ごはんは、清水道のそばにある、うちごはんCafeさんで。
2010110607
私は霜月のプレートランチをいただきました。
お昼をだいぶ過ぎてから行ったせいか、ご飯がでてくるまで時間がかかりましたが、
お料理自体はおいしかったです。

ご飯を食べてから清水寺へ。
2010110608
清水寺は何度も来ているんだけど、高台寺に行きたくてこのあたりへ来たので、
せっかくだからと清水寺に寄ることにしました。
相変わらずすごい人でした。音羽の滝もすごい待ち行列(^^;)

清水寺を出て、産寧坂をぶらぶらしながら高台寺へ。
高台寺はライトアップも見たかったので、休息と時間調整を兼ねて、
途中のイノダコーヒーさんで一休み。
普段、なかなかコーヒー専門店には行かないし、味の違いもいまいちわからないのですが、
ここのコーヒーはおいしかったです。
頼んだコーヒーは、アラビアの真珠とコロンビアのエメラルドでした。

のんびり休息後、高台寺へ。
高台寺の近くで、ちょうど夕陽をバックにした八坂の塔が見えました。
2010110609

清水寺にも八坂神社にも何度も行っているのに、なぜか高台寺は行ったことがなく、
一度行ってみたいと思っていたので、今回やっと念願かないました。
2010110610
2010110611
北の政所が余生を過ごした場所として有名で、こちらに秀吉とねねの御霊屋もあります。
お庭のとてもきれいなお寺でした。
明るいうちにぐるっと一回りして、そのまま日没をむかえ、ライトアップされた
お庭も楽しんできました。
2010110612
2010110613
まだまだ紅葉の時期には早かったけど、竹林や紅葉がライトのなかに浮かんで、
とてもきれいでした。

お夕飯は最初に予定していたところが、なんと改装工事中でお休みだったため、
第二候補だった「優食かなめ」さんで。
京料理7品のコースメニューにしました。
2010110614
京おばんざい3種
2010110615
極み湯葉刺し
2010110616
京豆冨のくず餡かけ
2010110617
生麩と湯葉の揚げ出し
2010110618
地鳥黒七味焼
2010110619
ちりめん山椒ご飯
2010110620
きなこと抹茶のわらび餅

どれもおいしかったけど、特に生麩と湯葉の揚げ出しがもちっとした生麩がおいしくて、
病みつきになりそうでした。
ちりめん山椒ご飯も、おなかいっぱいだったのにあまりのおいしさに完食してしまった。

おなかいっぱいになって満足しながらホテルに戻りました。

お天気もよくて、景色もよく、ご飯もおいしくて、なかなかのんびり楽しめた
一日目でした。

濃茶点前

炉に変わって二回目なので濃茶を。
うっかり途中で釜の蓋を閉め忘れそうになった(^^;)
炉と風炉の変わり目は、ちょっとずつ違うところがあるから、
ぼんやりしていると間違えてしまって危険だわ。

【小物隊】10月の成果と11月&12月の目標

小物隊、10月の成果です。
なんか作ったようで、結局作れていない月になってしまった・・・。

1.10月の目標
 ・化粧用ポーチ
 ・シュシュ
 ・ヘアバンド

2.10月の成果
 ・シュシュ
 ・ヘアバンド
 ・ピンクッション
 ・ビニコトート

結局、ポーチは裁断し途中まで縫ったのですが、自分用7分丈パンツとかに
浮気しちゃったせいで完成せず。
気になっていたピンクッションが作れたのはよかったかなぁ。

3.11月&12月の目標
 ・化粧用ポーチ
   →さすがに途中放置しているので完成させたいかと(^^;)
 ・ビニコのペタンコバッグ
   →頼まれ物なので11月中には
 ・ビニコポーチ2つ
   →こちらも頼まれ物なので11月中には
 ・バッグを1コ
   →アクティブボストンかhugbagが候補

他にも小物じゃないけど洋服も縫いたいかな。
しかし、11月はもともとちょっと予定が入っていたのがさらに予定が入り、
時間がとれるかかなり微妙。
しかも、この季節、編み物がしたくなってきたぞ(^^;)
というわけで、どれだけ縫えるかかなり怪しい感じなので、地道に頑張ります(^^;)

七分丈パンツ

裁断途中、縫い途中のものがあるというのに、なぜか出来上がったのは別のもの・・・。

2010103001
Patternは↓こちらの7分丈パンツのフルレングスバージョン。
RickRack ソーイングアレンジBOOK
生地はC&Sさんのフレンチコーデュロイのチャコールグレーです。
前ポケットも付いているし、後ろにもフラップ付きのポケットがついているので、
パーツが多くて多くて(^^;)
でも、作り方が丁寧に一つずつ写真入りで解説されていたので、
ファスナーつけも含めて迷うことなく最後まで縫えました。
フレンチコーデュロイも裁断する時の毛並みだけ間違えないように注意すれば
すごく縫いやすい生地だし。
私にしては今までで一番失敗が少なかったかも。
唯一失敗したのが、後ろのパッチポケットの毛並みを間違えたことだけ。
これもつける前に気がついて、生地が余っていたので裁断しなおして
ことなきを得ました。

後ろ姿はこんな感じ。
2010103002
ポケットがたくさんあって大変だったけど、やっぱりフラップ付きポケットがあると
アクセントになっていいですね。頑張ってよかった。

パンツ自体はストレートで割とゆったりめ。
私はあんまりぴったり系は苦手なので、これははきやすくってよかったです。
ただ、割と股上が浅目なので、しゃがむと思いっきり背中が見えちゃいます(汗)
前の留めはボタンにするかホックにするか迷い、まだつけてません。
たぶんホックにしちゃうでしょう。

そしてウエスト見返し
2010103003
前ポケット内布
2010103004
後ろポケットのフラップ裏
2010103005
迷って迷ってリバティのJurie'sを使っちゃいました。
チャコールグレーに合わせるといいかなと思ってはいたものの、
小心者なのでなかなかはさみが入れられず。
しかし、ちら見えがどうしてもやりたくて思い切って使いました。
ちらりと見えるリバティにかなり満足(笑)

パンツって結構作るのに時間がかかるんだけど、出来上がった時の満足感というか
達成感はかなりのもの。
これからの季節にピッタリのコーデュロイなのでがんがんはきますよ♪
そして、まだもう一色コーデュロイが残っている・・・。
はよ縫わないと着ることができる季節が過ぎ去ってしまうわ。

Pattren:RickRack ソーイングアレンジBOOK
生地:フレンチコーデュロイ チャコールグレー(:C&S
   リバティ Jurie's(オカダヤ)

薄茶・平点前

本日のお稽古、1週早いけど炉でのお稽古でした。
炉で最初なので、薄茶の平点前で。
でもお棗ではなくお薄器で。

・・・すっかりお薄器の扱いを忘れていた。
だめじゃん(T-T)

というわけで、やっぱりまだまだ修行が必要なようです・・・。

イツァーク・パールマン ヴァイオリンリサイタル

こしちゃんと、イツァーク・パールマンのヴァイオリンリサイタルへ。
3年前かな?、来日するというのでチケットを入手していたのだが、
直前になって、パールマン体調不良で来日せず、コンサートがお流れになったのよ。
ある意味、リベンジリサイタルでございますな。

曲目は

 第1部
  モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ 第42番 イ長調 K.526
  フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調

 第2部
  ストラヴィンスキー:イタリア組曲〜ヴァイオリンとピアノのための
  ヴァイオリン名曲集
   クライスラー:コレルリの主題による変奏曲
   クライスラー:ベートーヴェンの主題によるロンディーノ
   ヴィエニャフスキ:奇想曲 ニ短調
   ウィリアムズ:シンドラーのリスト
   リース:無窮動

 アンコールはバッツィーニの妖精の踊り

モーツァルトはパールマンではないけどCDを持っていてよく聴いていたし、
フランクも有名曲なのでなかなか楽しく聴けました。
ストラヴィンスキーのイタリア組曲は初めて聴いたけど、明るいいかにも
「イタリア!」という雰囲気の曲でなかなかよかったです。
ヴァイオリン名曲集は当日、舞台で曲名を発表して弾いたもの。
はじめて聴く曲も多かったけど、どの曲もいわゆるヴァイオリンの技巧をこらした曲。
でもそんな難曲をとても楽しそうに弾いているパールマンを見ると、
こっちもなんだな嬉しくなっちゃうような演奏でした。

パールマンの演奏は若いころの演奏をCDでいくつか聴いたことがあるけど、
CDとは違って、音は全体的に柔らかくて穏やかな印象を受けました。
なんていうのかしら、聴いていて包まれるというか包容力のあるというか、
とっても聴いていて心地よい演奏でした。
あぁ、久々にいい演奏を聴いたなぁ、と素直に感動できるコンサートでした。

【小物紹介・10月分】ビニコトート

こしちゃんからの頼まれ物。
A4サイズの書類を持ち歩ける、マチ付きのトートとペタンコバッグ。

マチ付き用の生地は、土曜日に「エリザベート」を観にいく前に、
一緒にユザワヤ行って、生地を選んでもらって預かってきてました。

2010101701
Patternはchikuchikuhappyさんの「コバステッチが決まるビニコトート」です。
今回はA4サイズの書類が入る大きさということでBtypeで作りました。
生地はユザワヤで選んだ北欧風なんですが、私が以前作ったトートの生地の色違い。
こちらの色も落ち着いた感じでなかなかよいです。
自分用のと違って、大きさもそれなりにあるので、いい感じに柄がでているかと。

2010101702
今回、頼まれ物というのもあり、縫い代はバイアスで処理してみました。
chikuchikuhappyさんのバイアステープのつけ方と端をキレイに仕上げるコツ
を参考にバイアスを付けたので、自分で言うのもなんだけどきれいに仕上がりました。

本人には写真を送ってみてもらいましたが、実物は今週末また会うので、
その時にお引き渡しします!

Pattern:chikuchikuhappy コバステッチが決まるビニコトート
生地:コーティング生地(ユザワヤ)

ミュージカル「エリザベート」

こしちゃん、ぶりちゃんと「エリザベート」へ
前回は朝海エリザと城田トートの組み合わせだったけど、
今回は瀬奈エリザと石丸トートの組み合わせ。

石丸さんはこれまでのさわやか好青年のイメージとは全然違うので、
どんなトートになるのか、ねちっこい、ストーカーチックなトートという噂もあり、
(なんてったってオフィシャルにも粘着質と書かれているし(^^;))
期待半分、不安半分で観にいきました。

いやぁ、さすが石丸さん。
いい意味で迫力のある、怖いトートでした。
たぶん、トリプルキャストのなかで一番不気味で怖いのではなかろうか。
そしてなぜかものすごく熱かった(^^;)
その石丸さんの熱さに引きずられるように、周りのキャストも熱い、熱い(^^;)
なんか、観終わってぐったり疲れてしまったわ(笑)

もともと歌は抜群にうまい方なので、歌は最初から最後まですごくよかったし、
あれだけ自分の声を自在に操れるのはさすが。
ルドルフとの「闇の広がり」は鳥肌立っちゃいました。

唯一残念だったのは、もうちょっとエリザとの身長差が欲しかった!

今回や山口トートはスケジュールが合わず観にいけなかったんだけど、
三人ともそれぞれ違った持ち味のトートでなかなかよかったです。
ぜひともまたこのトリプルキャストで再演していただきたい。

【小物紹介・10月分】ピンクッション

午後からお出かけだったんだけど、午前中だけでもと思い裁断済みのものを
縫っていたんだけど、副資材が足りないことに気づき中断。
微妙に時間が余っちゃったので、この前から作ろうと思っていたものを。

2010101601
腕につけるタイプのピンクッションです。
以前に作ったものを愛用していたのですが、だいぶ使いこんだので新調。
作り方は前回と同じでこちらから。
RickRackソーイング基礎BOOK
生地はRickRackさんで購入したUSAコットン。
前回は手首のゴムの部分はむき出しだったのですが、今回は同じ生地で
ゴムをくるんでみました。
ピンクッションの周りのレースは前回と同じ。

2010101602
手首につけるとこんな感じ。
ミシンをかけながらは、このタイプが一番便利だと思う!

Pattern:RickRackソーイング基礎BOOK
生地:USAコットン(RickRack

小板中置薄茶点前

10月なので中置。

どうやら1年ぶりらしい(^^;)
やはりところどころすっぽりと忘れてます。
もうちょっと覚えていられるといいだけどねぇ。
calendar
<< June 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
recommend
ガーゼで作る心地よい服

ガーゼで作る心地よい服 | 櫻井 悦子

中をみてよさそうだったので思わず(^^;)

浜内千波の時短!簡単!圧力鍋レシピ (扶桑社ムック)

浜内千波の時短!簡単!圧力鍋レシピ (扶桑社ムック) | 浜内 千波

レパートリーを広げるべく購入・・・

かわいいタジン鍋 野菜たっぷりヘルシーレシピ78 (三才ムック VOL. 301)

かわいいタジン鍋 野菜たっぷりヘルシーレシピ78 (三才ムック VOL. 301) | Yukiyo

もう一冊買ってみた

美味しい!タジン鍋レシピ―野菜もお肉もお魚もスイーツも!  かんたんすぎて、毎日リピートたくなる みんなが (COSMIC MOOK)

美味しい!タジン鍋レシピ―野菜もお肉もお魚もスイーツも! かんたんすぎて、毎日リピートたくなる みんなが (COSMIC MOOK) | 森田 佐和子

タジン鍋が我が家にやってきたので・・・

R.コルサコフ:シェエラザード、ボロディン:交響曲第2番

R.コルサコフ:シェエラザード、ボロディン:交響曲第2番 | コンドラシン(キリル)

せっかくなのでRCOで一枚買ってみました。

くらべて覚える風炉の茶道具 炉の茶道具

くらべて覚える風炉の茶道具 炉の茶道具 | 淡交社編集局

写真で見くらべることができて便利

Serene Bach オフィシャルガイド~カスタマイズ自在のウェブログツール

Serene Bach オフィシャルガイド~カスタマイズ自在のウェブログツール | 大谷 拓也 他

Serene Bachがよくわかる1冊

selected entries
categories
archives
recent comments
recent trackbacks
profile
others