ケープ

ちょっと前に編みあがっていたのですが、UPしていなかったものです。

2008122701
参考にしたのはこちらの本。
3日で編めるカンタンかぎ針!ケープ・ショール・ストール・ボレロ
さすがに3日じゃ編めんかったですが(汗)
この本の表紙のケープを編みました。
毛糸はPIERROTさんの2008春夏向け福袋に入っていたコットンスマイルです。
春夏用の毛糸なので冬にはちょっと寒いかもしれないけど、
春とか秋とかにちょっとはおるのにいい感じ。
所々に入っている玉編みとふち編みが可愛いケープです。

2008122702
ふち編みはこんな感じ。

特段難しい編み方が入っているわけではないんだけど、
なんだか何度も編み図を間違い、ほどいては編み、を繰り返してしまった・・・。
(しかもほどくの面倒で間違ったままの部分も残っている・・・(^^;))

毎日、ちょっとずつ編み進めたので、編み始めてから編み終わるまで、
結局2週間ぐらいかかっちゃったかな。
でも、少しずつ形になっていくのが楽しかったです。

Pattern:3日で編めるカンタンかぎ針!ケープ・ショール・ストール・ボレロ
毛糸:コットンスマイル(PIERROT

ウラディーミル・アシュケナージ指揮 フィルハーモニア管弦楽団

こしちゃんと共にコンサートへ。
東京芸術劇場でのウラディーミル・アシュケナージ指揮、
フィルハーモニア管弦楽団のコンサートでした。

曲目は
 大学祝典序曲 ブラームス
 ヴァイオリン協奏曲 メンデルスゾーン
 交響曲第1番 ブラームス
でした。
ヴァイオリンのソロは諏訪内晶子さん。

指揮者のアシュケナージさんは、最初はピアニストとして活躍されていた方。
(実はピアノの方はCDを2枚ほど持っている・・・)
指揮をしているのを見るのは初めてでした。
背が小さく、とっても可愛いおじいちゃん(失礼!)という感じ。

大学祝典序曲は、昔聴いたような、聴いていないような、
たぶんちゃんと全部聴くのはお初かも。
メンデルスゾーンは、いつもCDで聞いているのがグリュミオーや
スターンで男性ソリストだったので、
それと比べると力強さというのはあまりなかったのですが、
女性らしい繊細な華やかな感じでした。ヴァイオリンの音もよかった!

交響曲第1番は、正直、よく知っているのは4楽章の一番有名な旋律ぐらい。
全部を通して聴くのはお初でした。
でもやはり生演奏は迫力があって、特にフィナーレが雄大よかったわ。

アンコールは、ヴァイオリンの諏訪内さんがバッハの無伴奏ソナタ三番よりラルゴ。
オケのほうはシューベルトの楽興の時でした。
(楽興の時のほうは最初何の曲が思いだせんかった(汗))

11月に引き続き、2ヵ月連続の生演奏。
家でのんびりとCDを聞くのもいいけど、やはり生演奏は迫力があってよいわ。

がま口ポーチ

RickRackさんのイベントのワークショップで作ったががま口ポーチです。

2008120602
自分で生地を選ぶことが出来るのですが、まずこの時点でかなり悩む。
可愛い生地、素敵な生地がてんこ盛り。
あれもいいなぁ、これもいいなぁと思ってみていたらなかなか決められず。
いろいろ悩んでメインはリネンブーケで。
サイドはリネンブーケの赤に合わせて赤の大きめチェックの生地に。
大き目のコロンとした形が可愛いがま口です。

2008120603
内側はUSAコットンのミモザのピンクにしました。
生地で見たときには可愛すぎるかなと思ったのですが、
内布にしてみるとこの花の小ささがちょうどいい感じです。

うまく出来るかなぁと心配していた口金部分も結構上手に出来たと思う。
生地を選んで、裁断して、縫って・・・で1時間ぐらいかな。

ワークショップでキルト芯も接着芯もはらずだったので、
ちょっとふにゃっとしていますが、布合わせは結構満足してます。

確か、前回かその間にもがま口のワークショップがあったのですが、
そのときのがま口の形よりも、私はこっちの形の方が好きかな。
がま口の型紙が欲しかったし、いくつか家でも作ってみたいと思ったので、
買ってきちゃいました。

Pattern:RickRack がま口ポーチ
表布:リネンブーケ(RickRack
   赤いチェックの生地はなんだろう?
内布:USAコットン ミモザ・ピンク(RickRack

RickRackの「冬のおくりもの」に行ってきました!

RickRackさんで開催されている「冬のおくりもの」に行ってきました。
ここ何回かのイベントのワークショップは行っていなかったのですが、
今回はがま口ポーチが可愛いなぁと思って。

それにちょうど欲しい生地もあったし(←絶賛在庫消費運動中なのに(汗))

というわけで購入したもの(爆)
2008120601
上側、右から麻デニムの黒と黒のチェックミニ。
今回はこの生地が一番の目的。バックを作る予定です。
その左が麻デニムのベージュストライプ。実はこれ生地が色合いが違うそうで、
特価になってました。(2mでいつもの1mのお値段!)
麻デニム、とっても縫いやすいし、色も気にならなかったので
スカートかズボンにでも、と思って買いました。
下側は右から、ルームシューズ、がま口ポーチ、印鑑ケースのパターン。
がま口ポーチはワークショップで作ったのが可愛くて買っちゃいました。
そのお隣はリブのセット、そしてその左の3枚はキルトの端切れセット。
リブとキルトの端切れはルームシューズにします。
上の一番左のバッグは抽選で当たったバッグです。

バック用の麻デニムだけのつもりだったのに、なんだか増えている。
しかも増やすまい、と思っていたパターンが増えてるよ(^^;)

えー、とりあえず年始年末もあることだし、がんばって減らします・・・。

フェルメール展

本日は、会社をお休みして、こしちゃんとフェルメール展へ行ってきました。

フェルメールの作品が7作品も集まるとあって、とっても人気のよう。
土日は混むだろうなぁと思って、平日に休みを取っていくことに。
朝イチで行ったのですが、開館前から行列が・・・。
でも、かなりスムーズに入館でき、思ったほどの混み具合でなく
(もっとぎゅうぎゅうで押され押されでの鑑賞になるかと思ってた)
割とゆっくりじっくり鑑賞できました。
さすがにフェルメール7作品の前は人だかりで、なかなか動かずだったけど(^^;)

7作品のうち、個人的には「ヴァージナルの前に座る女」が気に入りましたわ。
小さな作品ですが、フェルメールらしい作品かと。
「手紙を書く婦人と召使い」もフェルメールらしいかな。
フェルメールの作品には詳しい解説もあったのでわかりやすくてよかったです。

また、同時に展示されていた他の画家の作品もなかなかよかったです。
出品数が39点で他の美術展に比べたら少ない方だと思うけど、
だからこそじっくり鑑賞できたのかな。

たぶん、二度とこれだけたくさんのフェルメールが集まることはないだろう、
といわれているので、どうしても行きたかった展覧会でした。
すごく楽しみにしていただけに、今日はとっても充実していて満足でした!
calendar
<< December 2008 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
recommend
ガーゼで作る心地よい服

ガーゼで作る心地よい服 | 櫻井 悦子

中をみてよさそうだったので思わず(^^;)

浜内千波の時短!簡単!圧力鍋レシピ (扶桑社ムック)

浜内千波の時短!簡単!圧力鍋レシピ (扶桑社ムック) | 浜内 千波

レパートリーを広げるべく購入・・・

かわいいタジン鍋 野菜たっぷりヘルシーレシピ78 (三才ムック VOL. 301)

かわいいタジン鍋 野菜たっぷりヘルシーレシピ78 (三才ムック VOL. 301) | Yukiyo

もう一冊買ってみた

美味しい!タジン鍋レシピ―野菜もお肉もお魚もスイーツも!  かんたんすぎて、毎日リピートたくなる みんなが (COSMIC MOOK)

美味しい!タジン鍋レシピ―野菜もお肉もお魚もスイーツも! かんたんすぎて、毎日リピートたくなる みんなが (COSMIC MOOK) | 森田 佐和子

タジン鍋が我が家にやってきたので・・・

R.コルサコフ:シェエラザード、ボロディン:交響曲第2番

R.コルサコフ:シェエラザード、ボロディン:交響曲第2番 | コンドラシン(キリル)

せっかくなのでRCOで一枚買ってみました。

くらべて覚える風炉の茶道具 炉の茶道具

くらべて覚える風炉の茶道具 炉の茶道具 | 淡交社編集局

写真で見くらべることができて便利

Serene Bach オフィシャルガイド~カスタマイズ自在のウェブログツール

Serene Bach オフィシャルガイド~カスタマイズ自在のウェブログツール | 大谷 拓也 他

Serene Bachがよくわかる1冊

selected entries
categories
archives
recent comments
recent trackbacks
profile
others