ラ・フォル・ジュルネ:3日目

ラ・フォルジュルネ、3日目の公演。
いよいよ最終日です。最終日の今日は2公演。

<12>No.313
 J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調BWV1041
 J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調BWV1042
 J.S.バッハ:2つのヴァイオリンのための協奏曲ニ短調BWV1043
  ※アンコール:2つのヴァイオリンのための協奏曲第3楽章

 ある意味定番中の定番の組み合わせ。自分でもよく聴いている組み合わせです。
 生で演奏しているところをみると、2つのヴァイオリンのための協奏曲の
 ヴァイオリンの掛け合いがとても面白いです。
 この曲は自分でも弾いたことがある(合奏部分だけどさ)だけに
 聴いていて自分が弾いていたころのことを思い出しました。
 ただ、残念だったのがホールが大きすぎてなんとなく音のバランスが
 悪く聞こえちゃったところかなぁ。
 バッハの曲はミサ曲以外は小編成が多いから、大きいホールはきついのかもね。

<13>No.335
 J.S.バッハ:管弦楽組曲第2番ロ短調BWV1067
 J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲第5番ニ長調BWV1050

 ブランデンの5番の1楽章のチェンバロのソロがすごかった。
 ちょっと遠目から見てもびっしりの楽譜4ページ分ぐらい?
 ピアノの音も好きだけど、チェンバロの音も可愛らしくって好きです。

以上3日間13公演でした。
バッハの曲は知っている曲が多かったのでとっても楽しかったです。
日ごろから聴いている曲も多いけど、あらためて聴きたくなった曲がたくさん!
早速、ブランデンブルク協奏曲の全曲を聴きながら家に帰りました。
家に帰ってからは、こしちゃんにお借りしたゴルトベルク変奏曲を。
しばらくはバッハ漬けになりそうです・・・。

ラ・フォル・ジュルネ:2日目

ラ・フォルジュルネ、2日目の公演。
本日は5公演。

<7>No.212
 J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲第1番ヘ長調BWV1046
 J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲第3番ト長調BWV1048
 J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲第2番ヘ長調BWV1047
  ※アンコール:ブランデンブルク協奏曲第2番・第3楽章

 私が持っているCDより速いテンポだけど、これはこれで楽し。
 思った以上に2番が華やかでよかった。
 ブランデンは好きでよく聴くけど、あらためて全曲聴きたくなりました。

<8>No.224
 J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲第3番ト長調BWV1048
 J.S.バッハ:「フーガの技法BWV1080」よりコントラプンクトゥス汽肪残
 J.S.バッハ:チェンバロ(ピアノ)協奏曲第1番ニ短調BWV1052

 バッハのチェンバロ協奏曲は始めて聴いたけど、いい曲でした。
 ピアノの小菅優さんもよかったです。
 
<9>No.225
 J.S.バッハ:管弦楽組曲第1番ハ長調BWV1066
 J.S.バッハ:管弦楽組曲第3番ニ長調BWV1068

<10>No.256
 ”平均律クラヴィーア曲集第1巻」より前奏曲とフーガ”
 J.S.バッハ:前奏曲とフーガ 第1番ハ長調BWV846
 J.S.バッハ:前奏曲とフーガ 第6番ニ短調BWV851
 J.S.バッハ:前奏曲とフーガ 第7番変ホ長調BWV852
 J.S.バッハ:前奏曲とフーガ 第8番変ホ短調BWV853
 J.S.バッハ:前奏曲とフーガ 第12番ヘ短調BWV857
 J.S.バッハ:前奏曲とフーガ 第13番嬰ヘ長調BWV858
 J.S.バッハ:前奏曲とフーガ 第14番嬰ヘ短調BWV859
 J.S.バッハ:前奏曲とフーガ 第15番ト長調BWV860
 J.S.バッハ:前奏曲とフーガ 第16番ト短調BWV861
 J.S.バッハ:前奏曲とフーガ 第4番嬰ハ短調BWV849

 演奏のシュ・シャオメイさんのピアノ、最初はしっとりとした
 やさしい感じで始まりました。
 でも力強いところはあの小柄な体のどこから力が出ているのかというくらい
 しっかりとどっしりとした音。
 なんだかピアノのリサイタルもいいなぁとしみじみ感じた公演でした。

<11>No.227
 ”オール・ヘンデル・プログラム”
 ヘンデル:合奏協奏曲ト長調作品3−3,HWV314
 ヘンデル:オーボエ協奏曲第3番ト短調HWV287
 ヘンデル:管弦楽組曲「水上の音楽」より抜粋
      第1組曲ヘ長調HWV348より「序曲:ラルゴーアレグロ」
      「アダージョ・エ・スタッカート」「アレグローアンダンテーアレグロ」
      「エア(アリア)」「ブーレ」「ホーンパイプ」
      第3組曲ト長調HWV350より「メヌエット」「カントリー・ダンス」
      第2組曲ニ長調HWV349より「アラ・ホーンパイプ」

 最初、No.225のプログラムだと思ってチケットを取っていたら、
 いつのまにかオールヘンデルプログラムに変わっていた公演(笑)
 でも、こんなことでもないとなかなか聴かないプログラムなので、
 なんだかちょっと得した気分のプログラムでした。

本日の公演は「名前は知っているけど、一部だけしか知らない曲」が多かった。
今回全部を通して聴いて、あらためてちゃんと全部聴いてみたいなぁと
思った曲が多かったです。
特に管弦楽組曲と平均律グラヴィーア。今回はチケット取れなかったけど、
ゴルトベルク変奏曲も。
こうやって見ると、まだまだ聴いていない曲がたくさんあるんだなぁと
実感した1日でした。

ラ・フォル・ジュルネ:1日目

なんだかGWの恒例になりつつある「ラ・フォル・ジュルネ」に
ことしも行ってまいりました。

今年のテーマはバッハということもあって、聴きたい公演がたくさんありすぎ。
あれもこれも聴きたいと、いろいろ調整しているうちになぜか13公演も(^^;)

ということで1日目の公演。

<1>No.131
 J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第3番ハ長調BWV1009
 J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第4番変ホ長調BWV1010

<2>No.113
 ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲「四季」作品8
 
  私がいつも聞いているムジチとはかなり違ったテンポ。
  間の取り方とか強弱のつけ方とかもいろいろ違っていたけど、
  これはこれで楽しかったです。「情熱的な四季」って感じ?

<3>No.144
 J.S.バッハ:管弦楽組曲第1番ハ長調BWV1066
 J.S.バッハ:管弦楽組曲第2番ハ長調BWV1067

<4>No.175
 J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番イ短調BWV1003
 J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番ホ長調BWV1006
  ※アンコール:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番:プレリュード

<5>No.181
 J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番ト長調BWV1007
 J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第3番ハ長調BWV1009

  No.181はチェロではなくヴィオロンチェロ・ダ・スパッラという楽器での
  演奏。肩掛けチェロというらしく、大きさはヴィオラの2倍ぐらい?
  ヴァイオリンやヴィオラのように肩に当てて弾きますが、
  音はチェロにすごく近くて低音のいい音でした。

<6>No.169
 J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第1番ロ短調BWV1002
 J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第2番ニ短調BWV1008(ヴィオラ版)
 J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第5番ハ短調BWV1011

  無伴奏チェロの第2番は今井信子さんによるヴィオラでの演奏。
  ヴィオラってオケとか合奏ではなかなか目立たない縁の下の力持ちだけど、
  ヴィオラだけで音を聞くと落ち着いたしっとりしたいい音です。


本日はなぜか無伴奏チェロが多かった・・・。
ヴァイオリンのほうはCDも持っているのでよく聴いているのだけれど、
チェロのほうはちゃんと聴くのは始めてかも。
(ちゃんと聴いたことあるの1番のプレリュードぐらいだし(^^;))
これを機会に、無伴奏チェロもちゃんと聴きたいなぁって思いました。

初日だけど、今日が1番公演の多い6公演の日。
公演の合間はお食事したりお買い物したりとうろうろしていて、
一日あっという間でした!

ルーブル美術館展

雨の中、こしちゃんと西洋美術館で開催されている「ルーブル美術館展」に行ってきました。

雨だから空いているかと思いきや、結構な人出でした。
(それでもこの前のフェルメール展よりは断然ましだけど(^^;))
さすがに目玉のフェルメールの「レースを編む女」の前は人垣ができていたけど、
それ以外はわりとゆったり目に鑑賞できました。

フェルメールの「レースを編む女」は小さい絵だとは知っていたけど、
実物をみると本当に小さい。
でもやはりフェルメールの絵、「静謐」という言葉がよく似合う絵です。
(フェルメールの絵をみると、冬の寒い、でもよく日が照っている朝を
 想像してしまうのは私だけ?)
ルーベンス、プッサン、ラ・トゥールなど、有名どころもあったので、
なかなか充実した展覧会でした。

展覧会後はランチおよびお茶しながら、いつものごとくおしゃべり。
久しぶりに本屋さんなんかも覗いたりして、ゆっくり出来ました(^^)

ちょうど桜も見ごろだったので、ちょいと近場に花見がてらお散歩へ。

2009040501
2009040502
2009040503
お昼を食べた公園の桜。
こちらの公園の樹は大きなものが多かったので、花もたくさんついて
とても綺麗でした。

桜以外にもたくさんの花が咲いていました。
カイドウザクラ。
2009040504
これは何の花なんでしょう?
2009040505
遠くから見たとき真っ白で、近くで見ても見事だった花桃。
2009040506
2009040507

結局、今日は7kmぐらい歩いたのかな?
普段、なかなか歩けないのでちょっと疲れましたが、
暖かな日で、花もたくさん咲いていて気持ちよく歩けました。
たまにはこうやって少しは歩かなきゃね。

舞台「ニュー・ブレイン」

本日はおデートの一日。

まずは、お昼前にこしちゃんと待ち合わせて、西銀座デパート内の
パスタやさんでランチを。
春キャベツとアンチョビのパスタでしたが、やはり春キャベツは美味しい!

そして、そのあとこしちゃんの誕生日プレゼント選びの旅へ(笑)
アロマポットとCDが希望ということだったので、
まずはアロマポットを探しにあちこちうろうろ。

実は、私もアロマポットが欲しくて探しているところだったのです。
お香が好きで毎日焚いているのですが、やっぱりお香ってどうしても
抹香臭いのですよ(^^;) いや、ちゃんと香りもするんですけどね。
どうしても煙も出るし、純粋に香りだけじゃないので、
香りとして効果を期待したいのなら、やっぱりアロマオイルかなと。

というわけでこしちゃんのプレゼントを探しつつ、自分も分も物色(笑)
最終的に、私もこしちゃんも「生活の木」のこちらのアロマランプに。
(こしちゃん、おそろになってごめんよ!)
一つだけエッシェンシャルオイルも購入しました。グレープフルーツです。
早速使ってみてますが、ほんのり香りが広がっていいですねー。

その後はCDやさんでCDを買い(こしちゃんの誕生日プレゼントだけの予定が、
自分のもなぜか購入している・・・)
ちょっとだけ一休みして、本日のメイン、シアタークリエの「ニュー・ブレイン」へ

ストーリーは好き嫌いがあるかなぁ。
いろいろ見ている人なら、歌もわりとノリがいいし、耳なじみやすいメロディだし、
出演者も歌がうまい人ばかりなので結構楽しめるかも。
なので、ミュージカル初心者にはあまりお勧めじゃないかもね。
私個人は、「石丸さんのお声大好き」なので、とぉっても堪能いたしましたが。

しかし、クリエ、チケット代がちょっとね・・・。
このご時勢でこのチケット代はなかなか痛いですわよ。
席もだいぶ空席が目立ったし、もうちょっとお安ければねー。
(でも見に行っちゃうけど)
どうして、日本て芸術関係(舞台とかコンサートとか美術館とか)は
チケット代or入場料が高いのかしら。
いろいろ経費なんかもあるんだろうけど、お手軽な値段になってくれれば、
もっと回数いけるのになー。

美味しいお食事とおしゃべりと・・・

久しぶりに、こしちゃん、ぶりちゃんと会う。
本当は2月に会う予定だったんだけど、こしちゃんの出張の予定が急遽変更になっちゃって。
こしちゃん、ぶりちゃんとはコンサート行ったり、旅行行ったりで、
それぞれとは会っているんだけど、3人で会うのは久しぶりかも。

久しぶりということでちょっと気張ってランチを。
「GINZA Sun-mi TAKAMATSU オーセンティックフレンチ エミュ」
というお店に行きました。
こちらのお店、全室個室。ランチを予約すると個室料金無料。

個室もしっかりとお部屋が区切られていて、気兼ねなくおしゃべりできました。
12時からランチ終了の15時まで、のんびりお食事&おしゃべりしちゃいました。

その後は、欲しいものがあったのでITO-YAへ。
欲しいものはなかったんだけど、こんなものを見つけてしまったので購入。
2009032001
マスキングテープです。
作ったものを差し上げたりすることもあるので、ラッピングをがんばってみようかと。
本日購入したのは右側の2本。左側の2本は先日購入したもの。
最近はスクラップブッキングも流行っているし、可愛いマスキングテープが
たくさんおいてありました。
こうやって、どんどん物が増えるのよね・・・。

その後、カフェに入ってお茶を飲みながらおしゃべりのしなおし。
仕事のことから最近気になること、読んでいる本のことまで、
ほんと、二人と話していると、話が尽きないわぁ〜。
勢いで夏休みの旅行先まで仮決めしちゃったよ。

生活と芸術―アーツ&クラフツ展

東京都美術館で開催されている「生活と芸術―アーツ&クラフツ展」に行ってきました。

インテリアとか工芸とか、なかなか展覧会に行く機会がないのですが、
もともとウィリアム・モリスのテキスタイルが好きだったのと、
新聞やさんのチケットプレゼントにあたって入場券をいただいたので。

展覧会は家具、テーブルウェア、ファブリック、服飾、書籍など、
いつもの絵画の展覧会とは、また違った内容で面白かったです。
実際に日常に使っていたものなので、アート、といいつつ、
使い勝手も考えられていて、今でも使えそうなものばかり。

朝一番に行ったせいか、人も少なくてのんびりと鑑賞することが出来ました。

それにしてもウィリアム・モリスのテキスタイル、やっぱりいいなぁ。
ああいう生地使ってなんか作ってみたいわぁ。

沖縄旅行・3日目

沖縄旅行・3日目。

大浴場のあるホテルで、朝からお風呂に入れたので朝風呂♪
朝からさっぱりして気持ちよかったです。

本日は、まずは新原のグラスボート。
お天気もまずまずで、綺麗な海底を見ることができました。
ただ、少し波が高くて揺れが・・・。
ぶりちゃんいわく、途中で目が遠くなっていたらしい(^^;)
ちょっと酔いそうだったのよねー。

お次はおきなわワールドへ。
昔は鍾乳洞とハブとマングースの決闘をみせる掘っ立て小屋のようなものしか
たっていなかったのに、こんなに立派な施設になっているとは!
かなりびっくりでした。鍾乳洞も入り口と出口が逆になっているし。

ま、そんな懐かしい話はおいておいて・・・。
玉泉洞に入りました。
2009020101
2009020102
2009020103
2009020104
鍾乳洞というと涼しいイメージがあるのですが、ここは暑い。
なんだか生あったかい感じ(^^;)
見学できるのは700mぐらいですが、なかなかいろんな鍾乳石のある
変化にとんだおもしろい鍾乳洞です。

おきなわワールドの次はひめゆりの塔へ。
お参りしてから、お昼ご飯。

2009020105
本日のお昼もソーキそば!
2009020106
そしてジューシーおにぎりも!

この後、お土産やさんに1軒寄ってから空港へ。
出発直前に搭乗を取りやめた人がいて、その関係で出発が30分ほど遅れたけど、
無事に羽田まで帰ってきました。

ウン十年ぶりの沖縄ということで、覚えているところ忘れているところ、
昔のままのところ変わってしまっているところ、といろいろあって、
懐かしかったり新鮮だったりと、なかなか楽しい旅でした。
沖縄は住んでいたこともあって、なかなか旅行で行こう、ってならなかったんだけど、
今回行くことができてよかったなぁ、って思います。
誘ってくれたぶりちゃんに感謝!

沖縄旅行・2日目

沖縄旅行・2日目。

本日はまず、ナゴ・パイナップルファームへ。
パインの試食があったので、しっかり食後のデザートとしていただいてきました(^^;)
そして・・・
2009013101
パイン・ボウルといういわゆるシュークリームがあったので買って食べました。
中のクリームは普通のカスタードなのですが、このカスタードの中に、
パインの果実がごろごろ入っているのです。
パイン味のクリームよりこっちの方が断然美味しいと思う!

そして今回の旅行で楽しみにしていた海洋博公園。
2009013102
ここは沖縄に住んでいた頃、よく遊びに来ていました。
中にわんぱく広場というところがあるんだけど、そこのトランポリンみたいな
遊具でよく遊んでたよなぁ・・・。
その頃より綺麗に整備されてだいぶ変わってますねー。
さて、美ら海水族館へ。
2009013103
さんご礁の海、ということで熱帯魚もたくさん。

2009013104
そしてこの水族館はこれでしょう!
巨大な水槽にゆうゆうと泳ぐジンベイザメ。
時間があればずっと眺めていたいと思うほど。

2009013105
2009013106
こんな感じで間近に見ることができます。

沖縄、ちょうど花まつりと称してイベントがいたるところで行われているようで、
公園にも花でかざされたモニュメントが。
2009013107

このあとお昼ご飯。
写真撮るの忘れちゃったけど、本日はソーキそばを食べました。

お次は今帰仁城跡へ。
2009013108

ちょうど寒緋桜が満開で見ごろでした。
2009013109
2009013110

お城跡なので建物も何もなく、城壁が残っているだけです。
2009013111
ここからの海の眺めが最高でした!

この後、一気に那覇まで移動。首里城へ。

守礼の門
2009013112
首里城正殿
2009013113
私が住んでいた頃は、守礼の門しかなかった(しかもたしか、こんなところに!
というような道路の真ん中にあったような気が(^^;))ので
なかなか楽しかったです。

本日の観光はこれで終了。
一旦ホテルに入ってからお夕食へ。
お夕食は自由食だったので、お買い物がてら国際通りまで行きました。
途中、時間があったので、平和通をとおって、牧志の公設市場を覗いて
お土産を物色しつつ移動。
途中の地元の人がお買い物するような食料品店で、もずくと海ぶどうと
乾燥アーサとジューシーのもとを購入。
観光地のお土産やさんで買うより断然安い!(もずくなんて半額ぐらいだった・・・)

お夕食は国際通りにある居酒屋さん風沖縄料理のお店へ。
このお店では島唄のライブショーもあったみたいだけど、
残念ながら満席だそうで、食事のみで入りました。
そして食べたもの。
2009013114
ゴーヤのかき揚げ。これはゴーヤの苦味もあまりなくて美味しかった。
家でも作ってみたい一品。
2009013115
フーチャンプルー。お麩のチャンプルーです。
お麩がふわふわで美味しかった。
2009013116
てぃびちのから揚げ。お肉が柔らかくて揚げたてて美味しかったです。
この他に、写真に撮り忘れたけどラフティーも食べました。
こちらもお肉がとろとろで美味♪

沖縄料理をしっかり堪能。
満腹&満足でホテルに帰りました。
calendar
<< February 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
recommend
ガーゼで作る心地よい服

ガーゼで作る心地よい服 | 櫻井 悦子

中をみてよさそうだったので思わず(^^;)

浜内千波の時短!簡単!圧力鍋レシピ (扶桑社ムック)

浜内千波の時短!簡単!圧力鍋レシピ (扶桑社ムック) | 浜内 千波

レパートリーを広げるべく購入・・・

かわいいタジン鍋 野菜たっぷりヘルシーレシピ78 (三才ムック VOL. 301)

かわいいタジン鍋 野菜たっぷりヘルシーレシピ78 (三才ムック VOL. 301) | Yukiyo

もう一冊買ってみた

美味しい!タジン鍋レシピ―野菜もお肉もお魚もスイーツも!  かんたんすぎて、毎日リピートたくなる みんなが (COSMIC MOOK)

美味しい!タジン鍋レシピ―野菜もお肉もお魚もスイーツも! かんたんすぎて、毎日リピートたくなる みんなが (COSMIC MOOK) | 森田 佐和子

タジン鍋が我が家にやってきたので・・・

R.コルサコフ:シェエラザード、ボロディン:交響曲第2番

R.コルサコフ:シェエラザード、ボロディン:交響曲第2番 | コンドラシン(キリル)

せっかくなのでRCOで一枚買ってみました。

くらべて覚える風炉の茶道具 炉の茶道具

くらべて覚える風炉の茶道具 炉の茶道具 | 淡交社編集局

写真で見くらべることができて便利

Serene Bach オフィシャルガイド~カスタマイズ自在のウェブログツール

Serene Bach オフィシャルガイド~カスタマイズ自在のウェブログツール | 大谷 拓也 他

Serene Bachがよくわかる1冊

selected entries
categories
archives
recent comments
recent trackbacks
profile
others