コンサート「イ・ムジチ合奏団 結成60年記念ツア」

久しぶりに生演奏を聴きに。
我が家の近所のホールで、しかも、イ・ムジチということで早々にチケットを入手し、
聴きに行くのを楽しみにしていたコンサートです。

曲目は
 ヴィヴァルディ:弦楽のための協奏曲 イ長調 RV158
 ヴィヴァルディ: 弦楽のための協奏曲 ト長調 「田園風」 RV151
 ヴィヴァルディ:2つのヴァイオリン、2つのチェロのための協奏曲 ト長調 RV575
 坂本龍一:「ラストエンペラー」テーマ 〜イ・ムジチ結成60年のために〜
 ジェミニアーニ:合奏協奏曲 ニ短調 「ラ・フォリア」
 ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集 「四季」 op.8
でした。

ヴィヴァルディの曲メインでしたが、もともとヴィヴァルディは好きだし、
特に弦楽のための協奏曲は割と好きな曲なので、聞いていて楽しかったです。
ラストエンペラーはどうやら今回のための新編曲のよう。
聴いていると映画が見たくなっちゃいます(^^;)

四季はやはりというか、さすがというか。
私が持っているCDの演奏とはちょっと違っているけど、アンサンブルの素晴らしさ、
ハーモニーの素晴らしさはさすがでした。

アンコールは4曲も。
 ロッシーニ:ボレロ
 山田耕筰:赤とんぼ
 ヴィト・パテルノステル:ピッツァ・サンタ・ルチア
 ヴィヴァルディ:弦楽のための協奏曲「コンカ」

アンコールで面白かったのが3曲目。
最初は「春」で始まるのだけどすぐにサンタ・ルチアに変わって、弾きながら、
立ち上がって演奏したり、前に出てみたりと、「団員紹介」みたいな、
なんだかお茶目な曲でした。

私が最初に買ったCDがイ・ムジチの(といってもかなり古い録音だけど)の四季だったりします。
なんか、たまに無性に聴きたくなるCDの一枚です。

ミュージカル「三銃士」

こしちゃん、ぶりちゃんとともに、ミュージカル「三銃士」を観てきました。

余りにも有名といえば有名な話なのでどうかなーと思いましたが、
ちょっとだけ原作と違うところもあったけど、ほぼ原作に忠実かな?

すでに一度観劇しているぶりちゃんから事前に聞いていたので、
衝撃はそれほどではなかったけど、ロックなリシュリュー閣下にオドロキ。
事前に聞いていても、一瞬目がテンだったわ(^^;)
いやぁ、ある意味、これを観れただけでも、観にいったかいがあったかも。

利尻・礼文旅行・4日目

利尻・礼文旅行の4日目。
本日が最終日です。

まずは朝一のフェリーで礼文島から稚内へ。
稚内→利尻と同様に1時間45分ほどの船旅。

稚内ではまず一番北の宗谷岬へ。その後、猿払での昼食。
昼食後、野寒布(ノシャップ)岬(←納沙布(ノサップ)ではない・・・)、
稚内公園へ行きました。
(なぜか・・・風景だけの写真がない(^^;)、なので写真なし!)

帰りは稚内→千歳経由→羽田、で戻ってきました。

行ってみたいなぁと思っていたけど、なかなか行く機会がなかったので、
今回行けてよかったです。
お天気もすごくよく(本当に珍しいくらい、風がなくよかったらしい)、
たくさんの花も見ることができて、楽しい旅行でした。

利尻・礼文旅行・3日目

利尻・礼文旅行の3日目。

今日は一日礼文島観光です。
まずは午前中はハイキング。
礼文林道というハイキングコースを歩きました。
2011080301
2011080302
2011080303
こちらの林道、最初は丘の峰のようなところを歩いていきます。
その途中にたくさんの花が。
レブンウスユキソウの群生地もあり、また丘の上からの眺めもよく、
そして礼文島には珍しく風の弱い日だったようで、
とても気持ちよく歩くことができました。
途中からは林道という通り、平坦な道を歩いていき、香深井というところまで。
だいたい10キロぐらい、4時間弱のハイキングでした。

それから昼食に向かったのですが、昼食をとった食堂のところの海岸に、
野生のアザラシの群れが!
2011080304
最初、岩か何かと思っていたら、アザラシの群れでした。
温かい日だったので、日向ぼっこだったのですかねぇ。

昼食後は礼文島の北を観光。

まずは澄海(スカイ)岬へ。
2011080305
名前の通り、海の色がとてもきれいな岬でした。

その後、少しだけ江戸道山道を歩き、礼文島の一番北、スコトン岬へ。
2011080306
スコトン岬からはトド島が見えます。
無人島で、トドがやってくることからこの名前がついたみたいです。

本日はここまで。

利尻・礼文旅行・2日目

利尻・礼文旅行の2日目。

本日は午前中が利尻島観光、午後は礼文島に移動してハイキングです。

まずは仙法志御崎公園へ。
ここは利尻山が噴火した時の海に流れ込んでできた奇岩・奇石が多くあります。
2011080201
ここから観る利尻山が裾野までみえて一番きれいらしいのですが、
天気がよくなくて残念ながら山は見えず・・・。

次はオタトマリ沼へ。
2011080202
2011080203
周りをぐるっと散策できるようになっています。
とても静かな沼で、天気がいいと逆さ富士ならぬ、逆さ利尻山が見えるそうです。

続いて姫沼へ。
2011080204
こちらも周りをぐるっと散策できるようになっていました。
沼までの道にはたくさんの花も咲いていました。

続いて富士野園地へ。
2011080205
写真は富士野園地からみたポンモシリ島(無人島・・・島というより岩?)
こちらからも利尻山が見えるところからこの名前だそう。

この後、昼食をとり、礼文島へ向かうフェリーへ。
礼文島へは約45分。

礼文島では、桃岩展望台(そこから見える山が桃そっくり!)から
知床までのハイキングコースを。
2011080206
2011080207
2011080208
利尻島もそうでしたが、礼文島も森らしきものはほとんどありません。
山(というか丘?)の上はクマザサか草花がほとんど。
昔の山火事のせいだそうです。
でも、そのせいなのかたくさんの草花があり、緯度が高いせいもあって、
標高が低いところでも、高山植物に近い植物を見ることができます。
行った時期は、レブンウスユキソウやイブキジャコウソウ、レブンシオガマ、
ヨツバヒドリなどがちょうど見頃でした。

この桃岩から知床まで約2時間のハイキングで本日は終了でした。

利尻・礼文旅行・1日目

夏休みを利用して、北海道の利尻島・礼文島に旅行してきました。

1日目はほぼ移動で終了。
12時過ぎの飛行機で羽田から稚内、稚内からフェリーで1時間45分、利尻島へ。

ホテルに入ったのが17時過ぎだったのですが、夕食まで時間があったので、
近くの沓形岬公園へ行きました。

こちらの公園から綺麗に利尻山が。
2011080101
別名「利尻富士」ともいうように形のとてもきれいな山です。

2011080102
夕陽もとても綺麗でした!

神尾真由子 ヴァイオリン・リサイタル

今日は神尾真由子さんのヴァイオリン・リサイタルに行ってきました。
神尾さんは2年ぐらい前かな、チャイコのVn協奏曲を聴いて以来です。

曲目は
 パガニーニ:ヴァイオリン・ソナタ 第12番 ホ短調 Op.3
 イザイ:悲劇的な詩 Op.12
 タルティーニ:ヴァイオリン・ソナタ ト短調「悪魔のトリル」
 パガニーニ:24のカプリース Op.1より
       第1番、第2番、第4番、第6番、第9番、第11番、第13番、
       第14番、第15番、第16番、第17番、第20番、第21番、第24番

アンコールは、24のカプリースの第10番でした。

以前聴いたときには力強い、というイメージしかなかったのだけど、
今回は力強さのなかにもふくよかな雰囲気もあって、いい演奏でした。
特に後半のパガニーニは、多少音がはずれたりかすれたりもあったけど、
それが気にならなくなるくらい。
以前聴いたときもいいなぁ、と思ったけど、ますます好きなヴァイオリニストになりそう。
これから歳を重ねるごとに、どんな演奏に変わっていくのか、
楽しみなヴァイオリニストでもあります。

舞台「グレンギャリー・グレン・ロス」

すっかり書くのを忘れてましたが、じつは観にいっておりました。
ちょいと前の話ですが、自分の観劇記録としてアップ。

こちらのお芝居、もともとは劇作家デヴィッド・マメットの戯曲で、
アメリカでは「摩天楼を夢見て」という題で映画化もされてます。
お芝居のあらすじはこちらを参考に。

休憩なしで、前半は中華料理店で後半は不動産屋の事務所が舞台。
前半の中華料理店の場面で状況説明、後半の事務所でお話が展開、
という感じかしら?
とにかく台詞の多い、台詞が機関銃のような展開の早いお話でした。

主役の石丸さん、ここしばらくイメチェンというか、今までにない
役柄とかに挑戦しているみたいだけど、この舞台もそんな感じで、
今までのイメージとは違った役柄でした。
そしてなぜかサックス演奏付き。
しかし、あのサックス演奏はなんだったのだろうか。
あんまりストーリーには関係なかったような???ファンサービスか(爆)

舞台というとミュージカルを観ることが多いんだけど、
たまにはこういうお芝居もいいなぁなんて思います。

ストラディヴァリウス・サミットコンサート2011

以前も行ったことのある、ストラディヴァリウスのコンサートに
こしちゃんとともに行ってまいりました。

曲目は
 モーツァルト:ディヴェルティメント
 バーバー:弦楽のためのアダージョ
 ドヴォルジャーク:弦楽セレナード
 シューベルト:5つのメヌエットと6つのトリオ
 チャイコフスキー:弦楽セレナード
でした。

コントラバス以外すべてストラというのも聴きに行くポイントだったのですが、
今回は、ドヴォルジャークとチャイコフスキーの弦セレと、
プログラム的にもツボでした。

音はやっぱりヴィオラとチェロの音がいいわぁ。
前回行ったときもチャイコの弦セレがプログラムにあったのですが、
ヴィオラとチェロのせいか、全体的にとっても厚みのある、いい演奏でした。

アンコールは
 バッハ:G線上のアリア
 グリーグ:組曲「ホルベアの時代」より第1楽章

組曲「ホルベアの時代」の第1楽章はアンコールでよく演奏されるので
耳馴染みがあるんだけど、これ、全曲聴いたことがないなぁ。
たぶん、他の楽章も聴いたことがあるような気もするんだけど。

家でCDでのんびり聴くのもいいけど、やっぱり生演奏はいいなぁ。
今月は、月末にあと一つコンサートの予定あり♪
そちらも楽しみです。

「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2011」3日目

ラ・フォル・ジュルネ」3日目です。
あっという間に最終日。

この日はランチをしてから午後からのんびり公演に。

<10>C-34b
 ブラームス:ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 op.83

 指揮はドミトリー・リスさん、オケはウラル・フィルハーモニー管弦楽団。
 ピアノはボリス・ベレゾフスキーさん。
 どちらかといえば1番の方を聴いていたので2番はほぼ初めてに近し。
 しかし、2番もいい曲ですね。これからは2番もちゃんと聴こう。
 そしてやっぱり男性が弾くと力強くていいですね。

<11>D-35c
 ブラームス:ピアノ四重奏曲第1番 ト短調 op.25

ヴァイオリンはスヴャトスラフ・モロズさん、ヴィオラはエリーナ・パクさん、
 チェロはアンリ・ドマルケットさん、ピアノはボリス・ベレゾフスキーさん。
 ピアノ四重奏曲は今まで聴いたことがなかった曲。
 しかし、ブラームスの室内楽はどの曲もいい曲ですね。
 それにしてもピアノのボリスさん、協奏曲弾いた2時間後に室内楽もとは
 どんなけ体力あるんだ(^^;)、という感じです。
 ほんと、演奏家の人ってみんな体力あるよね・・・。

<12>G-37f
 ブラームス:ピアノ三重奏曲第1番 ロ長調 op.8
 ブラームス:ピアノ三重奏曲第2番 ハ長調 op.87

 演奏はトリオ・ヴァンダラー。
 どちらも最近よく聴いていて好きな曲。
 そして今回繰り返しもきっちり演奏したので、予定時間を大幅に超過・・・。
 でも時間も忘れるぐらいいい演奏でした。
 次の公演があったため、終了早々に会場を出なくてはならなかったのが
 ここ残り。もうちょっと余韻を味わいたかった(涙)

<13>C-34d
 ルネ・マルタンの“ル・ク・ド・クール”

 ブラームス(パウル・ユオン編曲):ハンガリー舞曲第4番 嬰へ短調
(指揮・山田和樹)
 ブラームス:ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 イ短調op.102より第1楽章
       (庄司紗矢香、タチアナ・ヴァシリエヴァ)
 リスト:ピアノ協奏曲第2番 イ長調より第1楽章(広瀬悦子)
 ブラームス:ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 op.83より第3楽章
       (ボリス・ベレゾフスキー)
 マーラー:交響曲第5番 嬰ハ短調より第4楽章 アダージェット
 ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調op.77より第3楽章
  (2曲目からここまで、指揮・ドミトリー・リス)
  (1曲目からここまで、オケ・ウラル・フィルハーモニー管弦楽団)
 ブラームス(ヴォーチェス8編曲):子守歌op.49-4(ヴォーチェス8)
 バッハ:シャコンヌ BWV1004(庄司紗矢香、勅使川原三郎)

 一言でいうといいとこどりのプログラム。
 1時間の予定の公演が2時間になろうとも、曲の一部とはいえ、
 これだけ聴ければ大満足。
 このお値段でこれだけ聴ければ充分お得な公演でしたわ。
 またもう一度ちゃんと全部聴きたいなぁと思う曲ばかり。

というわけでこれで3日間すべての公演終了。
結局なんだかんだといいつつも13公演、堪能してまいりました。

そして今年も2日、こしちゃんのお家にお世話になり、
とっても交通の便もよく、公演を楽しむことができました。

今年は一時は開催はどうなる事かと心配したけど、
規模を縮小しながらも開催してくれた開催者に、そして出演してくれた
演奏家の方々に感謝・・・。
calendar
<< July 2014 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
recommend
ガーゼで作る心地よい服

ガーゼで作る心地よい服 | 櫻井 悦子

中をみてよさそうだったので思わず(^^;)

浜内千波の時短!簡単!圧力鍋レシピ (扶桑社ムック)

浜内千波の時短!簡単!圧力鍋レシピ (扶桑社ムック) | 浜内 千波

レパートリーを広げるべく購入・・・

かわいいタジン鍋 野菜たっぷりヘルシーレシピ78 (三才ムック VOL. 301)

かわいいタジン鍋 野菜たっぷりヘルシーレシピ78 (三才ムック VOL. 301) | Yukiyo

もう一冊買ってみた

美味しい!タジン鍋レシピ―野菜もお肉もお魚もスイーツも!  かんたんすぎて、毎日リピートたくなる みんなが (COSMIC MOOK)

美味しい!タジン鍋レシピ―野菜もお肉もお魚もスイーツも! かんたんすぎて、毎日リピートたくなる みんなが (COSMIC MOOK) | 森田 佐和子

タジン鍋が我が家にやってきたので・・・

R.コルサコフ:シェエラザード、ボロディン:交響曲第2番

R.コルサコフ:シェエラザード、ボロディン:交響曲第2番 | コンドラシン(キリル)

せっかくなのでRCOで一枚買ってみました。

くらべて覚える風炉の茶道具 炉の茶道具

くらべて覚える風炉の茶道具 炉の茶道具 | 淡交社編集局

写真で見くらべることができて便利

Serene Bach オフィシャルガイド~カスタマイズ自在のウェブログツール

Serene Bach オフィシャルガイド~カスタマイズ自在のウェブログツール | 大谷 拓也 他

Serene Bachがよくわかる1冊

selected entries
categories
archives
recent comments
recent trackbacks
profile
others