続・最近読んだ本

個人的に現在「畠中恵」祭り中。
というわけで、この前からさらに読んだ本。

うそうそ ちんぷんかん
「うそうそ」の方は長編、「ちんぷんかん」は短編集です。
あいかわらず主人公の若だんなは元気に病人してます。
今回の短編集はちょっとしんみりして、いろいろ考えちゃうような話が
多かったかな?

畠中さんの本、「しゃばけ」しりーずのほかにもいろいろあるので、
しばらく祭りは続きそうです・・・。

最近読んだ本

通勤時間、微妙に座れることをいいことに、
爆睡しちゃったりしているので本が読めず。
寝る前にお布団に入って読もうとするも、
これまたすぐに寝ちゃったりしてさらに読めず。

でなかなか本が読めていなかったのですが、久しぶりにはまって読んだ本。
しゃばけ (新潮文庫) ぬしさまへ (新潮文庫) ねこのばば おまけのこ
畠中恵さんの「しゃばけ」シリーズです。
現在第7作まででてますが、とりあえず今のところ4作目まで読了。

「しゃばけ」シリーズを読むきっかけになったのはこれ。
yom yom (ヨムヨム) 2008年 03月号 [雑誌]
実は、十二国記の新作短編につられて購入したのですが、
このなかに「しゃばけ」シリーズの短編がはいってました。
読みやすくって、なかなか面白いなぁとおもって、
図書館で借りてきました。

1作目だけ長編、2作目からは短編集です。
主人公の若だんなが元気に病人していてなかなかよろしです。
お話自体も、ちょっとしんみりしたり、ほんわかしたり、
なかなか読後感のよいお話が多いです。

私が読んでいたら、次に母が読み、母も気に入った様子。
なぜか父も読み出し、父も気に入った様子・・・。
結局図書館で借りた本、3人で読みまわしてますわ(笑)

名もなき毒

名もなき毒
発売されてからしばらくして図書館で予約したら、予約待350人とかになっていて、
やっと手元に来ました。
誰か ----Somebodyの続編になります。

この作品については賛否両論あるようですが、個人的には好きです。
確かに冗長すぎで全体がぼやけてしまっているような感もありますが、
題名の「名もなき毒」の毒の意味がわかってくると、誰にでもそして自分にも
きっとあるであろう毒について、考えさせられました。

全体にメリハリがないように思われる話でも、読み始めたら止まらなくなってしまう、
宮部さんの文体と人物描写、話の展開はさすがです。

クリティカルチェーン

クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?
ちょうど1月から2月ごろ、あまりにも仕事がまわらず死にそうになりまして。
前々からなかなか思うように仕事が進まず、連携も悪く、
やり方が悪いのだろうか、どうすればうまく進むのか模索中だったりします。

というようなことを、今の常駐先のリーダーにぽろっと漏らしたところ、
「うってつけの本がある」と貸していただいたのがこの本。

TOC(制約条件の理論)によるプロジェクトマネージメントがテーマで、
TOCをどのようにプロジェクトマネージメントに適用するかを、小説仕立てで解説してます。

個人的には理論を述べた解説書よりも、こちらの小説仕立てのほうが理解しやすかったし、
システム開発の身近な部分を想像できるような題材だったので、読みやすかったです。
でも、小説仕立てだっただけに理論的な部分で理解しにくい部分もあったかも。

とりあえず、今自分が直面している課題(気がつくとスケジュールが遅れている)の
解決の糸口になりそうなことが多く、参考になりそうです。
といいつつも、こんなにうまくいったら苦労しないよ。。。という部分もありますが(^^;)

この著者のこれ以外のシリーズ、図書館にあるみたいなので、他のも読んでみようと思います。

秘密のミャンマー

秘密のミャンマー
今年の夏、ミャンマーに行った後にぶりちゃんから借りた本。
ぶりちゃんも言っていましたが、ミャンマーにいく前に
読んでいたらさらに面白かったかも。
今回の旅行ではヤンゴンとパゴーしかいけなかったのだけど、
この本を読むと、パガンやマンダレー、チャイティーヨにも行きたくなりました。

内容的には物見遊山的旅行記、という感じですが、
ミャンマーの不思議な感じや、仏教に対する敬虔さとかは良く出てると思います。

旅行をしているときはあまり感じなかったし、町もそんな雰囲気はあんまり
なかったのですが、ミャンマーは軍事独裁政権です。
かなりいろんな情報が規制されてます。
実際に外国からの手紙は検閲があります。
日本からぶりちゃんがこしちゃんあてに出した手紙には、
あきらかに封を切った後があったそうです。
でも人々は穏やかで、熱心に仏教を信仰しています。
そんなアンバランスさがミャンマーの不思議なところだと思う。

地下鉄に乗って

地下鉄(メトロ)に乗って
この間からひそかに続いている浅田次郎祭りの続き(笑)
これって映画になっていたのね、と気がついたのは半分ぐらい読んでから。

いわゆるタイムスリップ物ですが、通常のタイムスリップ物と違って、
何度も現在と過去(しかも毎回違う時代)というのが面白かった。
なぜ主人公とその恋人が過去に呼ばれるのか、
主人公の父親の過去の話を軸に明らかにされていきます。

この話では、タイムスリップ物としては禁じ手(?)の現在の人間が
過去の出来事の軌道修正をする、というのが出てきます。
その変わってしまった未来(現在)の切なさと、
そうせざるを得なかった惨い現実がなんだかやるせない結末でした。

ちょっと映画、見てみたいかもです。

不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か

不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か
米原万里さんのエッセイです。
以前に読んだ「魔女の1ダース―正義と常識に冷や水を浴びせる13章」よりも
内容的には通訳のお仕事の話が多かったです。
通訳の失敗談、苦労話など面白かったです。

いままで、同時通訳の日本語を聞いて、「日本語変だなぁ」(失礼(^^;))とか
思っていたのですが、同時通訳の苦労話もあったりして、
ベテランでも、同時通訳ってものすごく大変なんだな、というのがわかりました。。。

王妃の館(上)(下)

王妃の館〈上〉 王妃の館〈下〉
浅田次郎第2弾。
題名だけを見たとき、歴史物かと思ってました(^^;)
いや、一部歴史物なのですが。。。

パリの300年の伝統を誇る「王妃の館」は、世界中の観光客あこがれの最高級ホテル。
倒産寸前の旅行会社が企画した「王妃の館」に滞在するツアーに参加した人々のお話。
同じホテルに滞在する超豪華「ポジツアー」と格安の「ネガツアー」を
同時に催行するのですが、このツアーというのが曲者で、
ポジとネガがホテルの同じ部屋を「使う」といういわゆるツアーの二重売り。
現実にはこんなツアーの二重売りはありえないとおもうけどね。
(実際に話の中でもばれちゃうのだが)

それぞれのツアーに参加する人々やツアー添乗員の事情と、
その合間に語られる17世紀の「王妃の館」にまつわる逸話がうまく織り交ざって、
テンポ良く読めるお話だと思います。

ラストがハッピーエンドだけど、ちょっとうまくいきすぎ、という気持ちもしますが、
登場人物が多い割には、あまりごちゃごちゃせず読みやすかったです。

壬生義士伝(上)(下)

壬生義士伝 上   文春文庫 あ 39-2 壬生義士伝 下   文春文庫 あ 39-3
ミャンマー旅行中にぶりちゃん&こしちゃんより「面白かった」という話を聞いて
早速図書館で借りてきました。
実は新撰組に関してはあんまり詳しくなくて、人物ぐらいしか知らない。
(大河ドラマも途中でつまんなくなって見るのやめちゃったし(^^;))
なので、どこまでが史実でどこからがフィクションなのか
私には見分けがつきにくかったのですが、
史実だろうがフィクションだろうが、そんなのどっちでもいいぐらい
話に引き込まれました。
読んでいるうちに盛岡に行ってみたくなりました。

映画にもなってるみたいだから、それもちょっと見てみたいかも。

個人的には、新撰組の生き残りの人たちをインタビューして回る人物が
誰だったのかが気になります。

スペース

スペース
「ななつのこ」「魔法飛行」の続編に当たる本。
前半の手紙の部分がちょっと助長ぎみだったんだけど、
後半は結構すんなり読めたかな。

いわゆるあんまり起承転結のない話なので、好き嫌いが分かれる話かもしれません。
個人的には文体とお話全体に流れるほんわかとした、のんびりした雰囲気が好きですが。
calendar
<< July 2014 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
recommend
ガーゼで作る心地よい服

ガーゼで作る心地よい服 | 櫻井 悦子

中をみてよさそうだったので思わず(^^;)

浜内千波の時短!簡単!圧力鍋レシピ (扶桑社ムック)

浜内千波の時短!簡単!圧力鍋レシピ (扶桑社ムック) | 浜内 千波

レパートリーを広げるべく購入・・・

かわいいタジン鍋 野菜たっぷりヘルシーレシピ78 (三才ムック VOL. 301)

かわいいタジン鍋 野菜たっぷりヘルシーレシピ78 (三才ムック VOL. 301) | Yukiyo

もう一冊買ってみた

美味しい!タジン鍋レシピ―野菜もお肉もお魚もスイーツも!  かんたんすぎて、毎日リピートたくなる みんなが (COSMIC MOOK)

美味しい!タジン鍋レシピ―野菜もお肉もお魚もスイーツも! かんたんすぎて、毎日リピートたくなる みんなが (COSMIC MOOK) | 森田 佐和子

タジン鍋が我が家にやってきたので・・・

R.コルサコフ:シェエラザード、ボロディン:交響曲第2番

R.コルサコフ:シェエラザード、ボロディン:交響曲第2番 | コンドラシン(キリル)

せっかくなのでRCOで一枚買ってみました。

くらべて覚える風炉の茶道具 炉の茶道具

くらべて覚える風炉の茶道具 炉の茶道具 | 淡交社編集局

写真で見くらべることができて便利

Serene Bach オフィシャルガイド~カスタマイズ自在のウェブログツール

Serene Bach オフィシャルガイド~カスタマイズ自在のウェブログツール | 大谷 拓也 他

Serene Bachがよくわかる1冊

selected entries
categories
archives
recent comments
recent trackbacks
profile
others